エンジェ日記

 大阪市東淀川区にあるエステティックサロン「エンジェリックスマイル」の日記です。サロンの最新情報など更新していきます。
2017/09«2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
スポンサーサイト
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吃音のついて
     
今日のエンジェ日記は吃音についてお話したいと思います。

うちの長男は吃音で時々どもります。

最近ではずいぶん自分でもコントロールできるようになってきていますが、小さい頃は

何が起こっているのか解らず悩んでいました。

3~4歳の頃はまだ言葉が未発達だから小学生になったら治るよ・・・といろんな人から

元気付けられたのですが、1年、2年、3年・・・。

良くなるどころかだんだん言葉を発するのも苦しそうに見えるようになり、

つてを使って大阪市立総合医療センターの小児言語科に予約を取ることにしました。

そこで出会ったのは堅田先生です。

先生との出会いは子供にとっても、私にとっても大きな宝になっています。

まず先生に「吃音はトレーニングなんかで治るものではないんです。

ほとんどの人が一生付き合っていくもの」と聞かされたときは本当にショックでした。

治療で治るものだと信じていたから・・・。

ただ、当時のかずまは吃音の段階でもかなり深刻な声を出そうとするあまり、

息を吸いすぎて苦しい表情になり、どもる事よりも辛そうでした。

この状態はどもらないで上手に話そうと意識しすぎることで起こる事が多いらしい。

どもるのは恥ずかしい事じゃない。

おもいっきりどもっても話したい事をどんどん話していく事。

それが今の状況を良くする方法だと理解して(もっとたくさん教えてくださったのですが・・)

本人に言い聞かせ、家族にも理解してもらい、最後に小学校の担任の先生にも

協力をお願いしました。

やはり担任の先生には詳しい事情を知っていただく必要があると思ったからです。

「どもる」という事は知っていても、吃音の事を正しく理解している人は本当に少ないです。

「どもる」のは本人の意思ではコントロールが難しい事。

100人に1人とわりと高い確立で吃音の子供が生まれていること。

どもる事をからかわれて人と話すのが苦手になってしまう子供に・・。大人になること。

そんなかなしい思いをさせない為にもたくさんの人に吃音をしってもらいたい。

「なんでそんなしゃべりかたするの・・・?」

全く悪意のない質問でも子供は傷つきます。

世間にもっと吃音のことを理解してもらえたら悲しい思いをする子供が少なくなるんじゃないかな~

かずまは4年5年6年と素晴らしい先生やお友達に恵まれて、今生き生きとしています。

学校でも「吃音」についてみんなで真正面から話し合ったり作文を書いたりしてくださって

「なんで?」と聞かれる事がなくなり、堂々とどもりながら話しています。

余裕がでてきたのか最近では言葉や間を変えて上手くコントロール出来ているように感じます。

そんなかずまが4年生の時にクラスのお友達の前で言いました。

「僕みたいにどもっている人を助けてあげてください」

かなりの勇気がいったと思います。

でも頑張ったな~って褒めまくりました。


明日は第1回吃音親子の会のイベントがあり、高石市まで行ってきます。

何と120人を越えた応募があったそうです。

うちは家族4人で参加。

その様子は又明日のブログで・・・。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://angelicsmile0822.blog39.fc2.com/tb.php/59-db6c3c83

プロフィール

エンジェリックスマイル

Author:エンジェリックスマイル
大阪市東淀川区にあるエステティックサロン「エンジェリックスマイル」の日記です。
サロンの最新情報から些細な事?まで更新中です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。